オーディオ・ビデオ入力

カメラ

ズーム:光学またはデジタル?
光学ズームは調整可能なフォーカス距離で光学(レンズ)のメカニカルアッセンブリ-によって実現されます。一方デジタルズームは画像を取り込み、フォトショップのような画像編集ソフトウェアによって後から通常サイズに拡大します。それゆえ光学ズームはデジタルズームに比べより良い品質を提供します。

イメージセンサー:CCDまたはCMOS?
イメージセンサーは光を取り込みデジタル処理によってこれを電気信号に変換します。今日ほとんどのデジタルカメラはCCDまたはCMOSのどちらかのイメージセンサーを採用しています。CCDセンサーがハイエンドアプリケーション用により高品質イメージと低ノイズを提供する比較的成熟した技術を持っているのに対し、CMOSセンサーは信号処理機能の優れた統合能力により、小スペース、小パワーでの高速読み出しを提供します。

FOV (視野角)
FOVはいつでもカメラで見ることのできる観測可能なイメージの範囲です。これはフレームの対角または水平/垂直面を横切って測定されます。一般的に、人間の水平視野は180°近くであり、垂直は135°程度です。

PTZ (パン-チルト-ズーム) カメラ
PTZはカメラの3方向の動作、パン・チルトとズームを意味しています。そしてこれはコンピューターからリモートで制御することができます。私たちの製品仕様のためウェブサイトをチェックしてください。http://jp.communication.aver.com/lines/video-conferencing

ディスプレイ

ビデオ解像度
ビデオ解像度は水平方向と垂直方向に表示されるピクセルの数です。例えばフルHD1080p(1920×1080)は横が1920ピクセルと縦が1080ピクセルのプログレッシブスキャン(p-スキャン)を意味し、全ての1080水平ラインは連続的に描画されます。インターレススキャンに比較して、p-スキャンはよりスムーズでクリアな結果を提供するためより広い幅の帯域を必要とします。画像の縦方向に対しての横方向の比率はアスペクト比として知られています。ディスプレイスクリーンとして最も一般的なアスペクト比4:3と16:9です。入力ビデオ解像度がスクリーンのディスプレイ解像度と一致しない時に問題が発生する場合があります。テレビ会議用に最適なディスプレイサイズを得るためスクリーンのディスプレイ解像度を調整してみてください。AVerテレビ会議システムはHDMIまたはDVIからのビデオ機器の入力が可能であり、そして同時にVGAを介してのコンテンツ共有が可能です。

フレームレート(秒間のフレーム数、fps)
フレームレートはイメージデバイスによって秒間に表示されるフレームの数です。これが高い程、視聴者はより滑らかなビデオを見ることができ、テレビ会議での30以上のフレームレートに目立った違いはありません。AVerテレビ会議システムは、ネットワーク帯域によって30fpsでのカメラビデオ解像度と30fpsまでのコンテンツビデオ解像度をサポートします。

マイク

オーディオ信号処理の主な技術には、オートゲインコントロール(AGC)、アドバンスドノイズリダクションとアコースティックエコーキャンセラー(AEC)の3つがあります。AVerの拡張可能なマイクアレーはこれらの機能を装備し、ディジーチェーンにより4個までのマイクをカスケード接続することができます。コーデックは3.5㎜ラインインケーブルによる拡張マイクのオーディオ入力をサポートしています。