小売店舗監視

AVerの店舗監視・防犯ソリューションは、小規模店舗やコンビニエンスストアから大型ショッピングモールまで、あらゆる店舗に幅広く導入可能です。 メガピクセル高精細IPカメラや専用レコーダー、集中管理ソフトウェア等、店舗監視に特化した豊富な製品ラインナップの組み合わせにより、それぞれの店舗の特徴に合わせたソリューションを構築し、監視・防犯対策はもちろん、オーナーの利益向上を強くサポートします。 カタログのダウンロードはこちらをクリックしてください。

 
書店
 
フードコート
 
ATM
 
衣料品店
 
高級店
 
スーパーマーケット
 
コントロール室
 
駐車場
 
地下駐車場

書店

カメラは本棚、オープンスペース、レジや出入口の陳列棚を撮影する必要があります。陳列棚には、階段や着席エリアなどが含まれる場合があります。レジと入り口が混雑する場合は、列管理システムが有効です。

フードコート

フードコートは多くの場合、周囲に数多くのショップが配置され、大規模なオープンスペースになります。それは多くの場合、広範囲の面積を含み、公共の安全性のため不審物の検知機能を備えたパノラマ監視が必要とされます。また、料金を支払うレジが多数あり、セキュリティソリューションが考慮されるべきでしょう。

ATM

カメラは改ざん避けるために、ATMの中に配置する必要があります。利用可能な一連の帯域幅セーブ装置と同様に、顔検出や不審者検知機能により、窃盗を減らし、警備員を減少させる手助けとなる認識ソフトウェアの必要性に直面することになります。ATMは1日24時間稼働しているので、カメラは低照度だけでなく、デイ&ナイト機能を持っている必要があります。

衣料品店

洋服の店舗は、特にセール期間中や休日の間は非常に混雑し、エレベーター、混雑エリア、試着室などを含みます。多数の陳列棚が並び、多くの列は異なった時間帯にピークに達し、一日が終わります。店舗のサイズよっては、複数の出入り口がある場合もあります。

高級店

高級店は、一般的に小さなエリアをカバーし、陳列されいる商品は少なく、ほとんどの場合商品はロックされています。このような高級店の場合、入場管理には性能の良い顔認識が重要です。特に重要な高額商品がある場合、、紛失検知機能を用いることができ、また夜間や日中はストレージエリア節約機能を使用することができます。

スーパーマーケット

スーパーマーケットには通路、オープンスペース、レジや出入口、陳列棚などを含む様々なエリアがあります。年齢や属性などにより立ち入り禁止のエリアもあり、一日の中で時間によって非常に混雑したしたり、列ができることもあります。スーパーマーケットは、少なくとも一か所駐車場があります。

コントロール室

コントロール室は建物内の配置図や潜在的な問題を警備員に警告するアラーム機能など、広範囲なコントロールディスプレイを含んでいます。CMSと合わせて優れたRAIDストレージを持つ一連のNVR/ DVRを必要とします。リモートバックアップおよびスケジュールバックアップも大量のデータを扱うため、最も効果的な方法で保存をサポートする必要があります。リモートアクセス機能により、コントロール室にいる警備員は緊急時に、必要とする者に通知することができます。関連する事件を再生することができます。

駐車場

駐車場はほとんどの場合、多数の車が並び、大規模なオープンスペースになります。強力な夜間照明だけでなく、ヘッドライトからのグレアがあるでしょう。支払をする場所や自動機などが含まれます。

地下駐車場

地下駐車場は、入り口が一か所で低照度の環境であることが多く、太陽光と人工的な室内灯との照度の違う環境で使用されることがほとんどです。窓がなくオープンエリアから隔離され死角となる空間がありがちです。車のヘッドライトによる強力なバックライトがしばしばあります。支払をする場所や、自動機、階段やエレベーターなどが含まれます。