ネットワーク

テレビ会議システムに関するよくある質問のページです。わからないことがあれば、まずこちらをご覧ください。

38 項目

クラウドMCU接続時の画面で、数字が入力できない。

クラウドMCU接続後に表示される画面にて、操作リモコンの「Far/Nearボタン」を押すと文字の入力が可能になります。

相手側のテレビ会議システムに接続できません。
■相手側の機器は電源オンの状態ですか?
・相手側の機器が電源オンであることをご確認ください。

■接続先のテレビ会議システムが無人の場合、自動応答の設定がオフに設定されていませんか?
・”自動応答”がオンになっているか確認してください。
・設定▶一般設定▶通話設定▶自動応答の設定項目を「オン」に設定しますと自動応答が有効になります。

■テレビ会議本体・左上のLEDランプは点灯・または点滅していますか?
・LEDが点灯していない場合、ネットワークから切断された状態であるか、LANケーブル異常の可能性があります。

■相手先のIPアドレスと正常に通信ができていますか?
・ご利用中のネットワークが正常に稼働しているか、ご確認ください。
AVerテレビ会議システムでは、指定したIPアドレスにPINGを送信し、PINGの疎通を確認することができます。
設定▶ネットワーク▶テストユーティリティのテストコマンドの項目にてpingを選択、下の入力項目に相手側のIPアドレスを入力し、「実行」を押すとping送信テストが開始されます。100%packetlossと表示される場合、相手側とのIP接続を正常に行うことができない状態であると考えられます。ネットワーク管理担当者・または業者様へネットワークの接続状況についてお問い合わせください。

■インターネット接続・ファイヤーウォール経由でのポートが制限された状態ではありませんか?
・''AVerテレビ会議システムが使用するポート”が開放されているかご確認ください。

■インターネット接続の場合、利用可能な外部固定IPアドレスがありますか?
・ご使用のネットワークがVPN接続の場合、外部IPアドレスに接続することはできません。
・ネットワークロードバランサーをご使用の場合、接続するテレビ会議システム用に1つのIPアドレスだけを割り当ててください。
テレビ会議運用時の推奨ネットワーク環境について知りたい。
AVerテレビ会議システムの推奨ネットワーク環境は下記の通りです。
・パケットロス3%以内
・子機側:上下2Mbps以上のネットワーク通信帯域
・親機側:上下2×[接続する子機台数]Mbps以上のネットワーク通信帯域
※ビデオコーデックH.264使用時
※使用するネットワーク帯域は64kbps~4096kbpsの範囲で設定が可能です。
※上記推奨環境は正常動作を保証するものではありません。
AVerテレビ会議システムが使用するポート番号を確認したい。
・EVC単拠点モデル(該当型番:EVC100・EVC125P・EVC150)
1719 (UDP)
1720 (TCP)
30000~30019(TCP/UDP)
80(TCP)
23(TCP)
5060(TCP/UDP)
5061(TCP/UDP)

・EVC多拠点モデル(該当型番:EVC300・EVC350・EVC900・EVC950)
1719 (UDP)
1720 (TCP)
30000~30299(TCP/UDP)
80(TCP)
23(TCP)
5060(TCP/UDP)
5061(TCP/UDP)

・SVCシリーズ((該当型番:SVC100・SVC500)
1719  (UDP)
1720 (TCP)
30000~30599(TCP/UDP)
80(TCP)
23(TCP)
5060(TCP/UDP)
5061(TCP/UDP)
10443(TCP)
50000(TCP)
50001(TCP)
テレビ会議中に突然通信が切断される、または頻繁に映像が停止します。
  1. AVerテレビ会議システムにはパケットロス発生時のパケット復元機能が実装されています。 本体メニュー画面▶設定▶一般設定▶システム設定▶Enable EECの項目に☑を入れてください。 ※本機能はパケットの完全な復元を保証するものではありません。
  2. インターネット接続の品質をご確認ください。ネットワークエラーのアイコンが画面の左上に表示される場合は、ネットワーク断線または大きなパケットロスが原因の可能性があります。パケットロスの原因特定に関しましては、ネットワーク管理者またはネットワークを施工された業者様までお問い合わせください。
  3. ルーターとその他のネットワーク機機がフローコントロールや使用制限を行っていないか確認してください。
相手側は自拠点の映像が映っていますが、自拠点から相手側の映像が映りません。
自拠点側のルーター・ファイヤーウォール等の設定にて、AVerテレビ会議システムが使用するポートが開放されているか、ご確認ください。
音声は聞こえますが、映像が表示されません。
・システムのNAT設定を確認し、正しいWAN(Public)IPアドレスが入力されているかご確認ください。
メニュー画面▶設定▶ネットワーク▶ファイヤーウォール▶NAT構成の項目を「オン」に設定し、NAT Public(WAN)アドレスの入力項目に「テレビ会議に使用するグローバル固定IP」を入力します。

・VPNネットワークを使用される場合は原則、「オフ」に設定をお願いします。
DHCPによりIPアドレスを取得し、ルーターのポートフォワードリング設定を行ったが、画像が表示されません。

通信がファイアウォールで転送されていません。''設定'' > ''ネットワーク'' > ''ファイアウォール'' > ''NAT構成'' にて''自動''を選択してください。

コンテンツ共有時、黒画面のまま相手側に表示されません。
  1. ルーター、ファイアウォール、またはその他のネットワーク機器のUDPとTCP接続ポート (1719, 1720, 30000~30299, 80, 5060, 50000~50001) が開放されているか確認してください。
  2. ファイアウォールのH.323ALGを無効にしてください。
MCU内蔵・親機モデルによる多拠点接続時、レイアウトを変更すると子機側はどのようなレイアウトで表示されますか。

MCU内蔵・親機モデルでレイアウトを変更するとエンドポイン子機側もレイアウトが変更されます。

多拠点接続時のビデオレイアウトは全て”親機側のレイアウト”に依存します。

異なる通信プロトコル(H.323・SIP混在)での同時接続は可能ですか?

AVerテレビ会議システムMCU内蔵モデルでは異なるプロトコルの混在接続が可能です。

異なるプロトコルの混在接続の際、コンテンツ共有はどうなりますか?
テレビ会議MCU内蔵モデル側でプロトコルを検知し、接続プロトコルに合わせたコンテンツ転送を行います。(H.323またはSIP)

内蔵MCU機能を使用時、各子機から異なる通信速度での通話は可能ですか?

はい。MCU内蔵モデルは異なる速度での混在接続をサポートしています。

異なるビデオプロトコル (H.263/H.263+/H.264)での混在会議が可能ですか?
AVerテレビ会議システムはSIPレジスタに登録できますか?

AVerテレビ会議システムはSIPレジスタをサポートしています。”設定”▶”ネットワーク”▶”SIP Configuration''のオペレーションモードを「クライアントになる」を選択し、各項目へSIPレジスタに必要な情報を入力してください。

ゲートキーパーを介してMCU会議室にコールすることができますか?

H.323拡張子、ゲートキーパーIPが必要です。ゲートキーパー接続後、会議室にコールしてください。

Aver テレビ会議のポート設定は他社のテレビ会議と同じですか?

いいえ違います。モデルごとにポート設定は異なります。

ビデオ画像と音声またはコンテンツが録画できません。
  1. ファイアウォールのALG設定を無効にする必要があります。
  2. 他社テレビ会議の旧モデルと接続の場合、プロトコルによってサポートしていない解像度があります。この場合、解像度を落としてください。
IPアドレス取得にDHCPを使用し、リブートの際システムが使用できなりました。

DHCPによるIPアドレス設定を固定IPアドレスに変更してください。

他社製テレビ会議システムと互換性がありますか?

はい。H.323標準の他社テレビ会議と基本的な互換性があります。

AVer VC のデフォルトビデオプロトコルは何ですか?

デフォルトビデオコーデックプロトコルはH.264です。

AVer VC のデフォルトオーディオプロトコルは何ですか?

デフォルトオーディオプロトコルは G.722.1Cです。

AVer VC のデフォルトコンテンツ共有プロトコルは何ですか?

デフォルトコンテンツ共有プロトコルは、H.239です。p>

H.264ハイプロファイルの定義仕様は何ですか?

768kbps通信時に720Pとなります。

URI/URLダイヤリングが利用できますか?
SIPプロトコルを無効化できますか?

はい。SIP設定をオフにすることにより無効化できます。

ゲートキーパーに登録できません。

ログイン情報を確認してください。ログインに必要なE.164番号を確認してください。

EVCはH.261ビデオコーデックをサポートしていますか?

接続は可能ですが、1fpsビデオ、USB録画未対応、コンテンツ共有未対応などの制限があります。

QoSを利用するにはどうすればいいですか?

EVCシリーズとHVCシリーズでQOSを使用する際は、TOSとDiffServをサポートしているネットワーク機器と接続してください。

AES暗号化に対応していますか?

H.323上で機能するAES128ビット暗号化プロトコルに対応しています。

WOL(Wakeup on LAN)を利用するにはどうしたらいいでしょう?

WOL機能を使用するためMagic-PKGを使用するか、その他のWOL対応ソフト/ツールをご利用ください。

NAT設定をオンにした際、パブリックIPを認識しません。

DNSが正しいIPアドレスに設定されているか確認してください。

SIP ALGを有効にする必要がありますか?

SIP接続で問題がある場合、ルーターがSIP ALGをサポートしているか確認し、EVCのSIP ALGを有効にしてください。

EVC300/EVC900はSIPクライアントとして動作しますか?

はい。EVC300/900はSIPサーバーとSIPクライアントの選択が可能です。

EVCはロードバランスネットワーク環境で動作しますか?

はい。EVC300/900はSIPサーバーとSIPクライアントの選択が可能です。

EVCはCisco TMSに対応していますか?
APIでの電源オンをサポートしていますか?

いいえ。リモート電源オンはWOLのみサポートしています。

MCUまたはクラウドサーバーに接続する際、会議IDを入力できません。

''Far/Near''(ファー/ニア)ボタンを押し、赤い人型アイコンが遠隔拠点画面に表示されていることを確認し、それから会議IDを入力してください。